出来るかぎりに子育て支援

堺市認証保育所  バード保育園  バード北花田保育園

          子どもの成長発達段階を追ってみました。

生後から~3歳までのあくまでも一般的な目安です、子供の成長には個人差があります。    

年齢

身体的、精神的成長等

保育園生活での留意点ほか

2ヶ月

ミルクに加え、果汁開始

すでに言葉掛けは重要です。愛情ある言葉掛けにより子どもは学習をしています。

3ヶ月

首がすわり、よだれが出てきます

スープ開始。
物を掴むようになります。
約2mの範囲まで見えるように。

6ヶ月頃よだれが急増する前に、そろそろよだれかけを用意しましょう。

4ヶ月

支えれば座るようになります。

呼吸器等の発育がまだまだ不十分なうえに自在に寝返りを打てないため、思いもかけないきっかけで窒息するおそれもあります。眠っていても目が離せない時期です。

5ヶ月

目で見た物を手を伸ばして掴むようになります。ドロドロの離乳食開始。

人見知りが始まらないこの頃迄に入園を済ませれば、よりスムーズに保育園生活になじめます。
離乳食の開始と同時に、生活のなかでの食事の重要度が高まります。

6ヶ月

人見知り期(~8ヶ月)
1日2回食(~8ヶ月)
寝返り、お座りをし、また、他の子と玩具を取り合い始めます。
感染症にかかりやすくなります。

1歳過ぎ(或いは保育所入所後約1年)まで感染症による早退や欠席が多いので、急な病時に頼める人(できれば通院も可能な人)を複数確保しておきましょう。
また、母親から引き継いだ免疫の切れる6ヶ月以前でも、母親が免疫を持っていない感染症や、水疱瘡等は免疫を持っていてもかかることがありますので、注意が必要です。

7ヶ月

ひとりで座り、移動できるようになります。
大人の語りかけを模倣し、聞きなれた特定の言葉は理解して動作で答えるようになります。

乳幼児は暑がりです。活動を阻害しないような服装(大人より1枚薄着)を意識しましょう。

8ヶ月

早い子で這い這いを始めます。

這い這いが充分にできるよう、安全で広い、清潔な(誤飲の心配のない)保育環境が望まれます。

9ヶ月

ベビーフードを卒業、1日3回食(~11ヶ月)
早い子はつかまり立ちます。

つかまり立ちを始めたら、カバーオールをそろそろ卒業し、ズボンを用意しましょう。ズボンの裾は短めにまつって。
離乳食後期に入り、家庭でも食事が必要になります。アレルギーの有無など、保育所からの問い合わせにはちゃんと対応してゆくとともに、先走って生野菜や添加物の多いかまぼこ、味付けしたものなどを与えてしまわないよう注意しましょう

10ヶ月

這い這いをし、早い子は伝い歩きを始めます。
片言が出始め、思考力も発達します。

つかまり立ちや伝い歩きが存分にできるよう、柵やバーなどがある、安全な保育環境が望まれます。

11ヶ月

早い子は歩き始めます。
手に持って食べ始めます。

この時期這い這いを充分にさせると、将来歩き始めて後に、転倒してもすぐ手が出るなどの運動機能が身に付きます。
食事用のエプロンを袖付きにしてもよいでしょう。

1歳

離乳完了期(~15ヶ月)。

13ヶ月

階段を這ってのぼります。

子どもの好奇心を満たすことにより様々な運動能力を引き出せる、安全な保育環境が望まれます。

14ヶ月

ひとり立ち。

15ヶ月

90%の子がひとり歩き。
大人の禁止命令を理解します。離乳食を卒業し、幼児食に。

ひとり歩きができるようになると、保育園から靴を用意するようにいわれます。

1歳半

嫉妬の感情を示すように。
簡単な命令を理解。
事前に排便の意思を知らせることができるように。

自分の行動をさえぎる者に対して噛みついたりひっかいたりすることが多くなります。まだ言葉が出ないため、そういった行為になってしまうのであって、ほとんどの子が通る成長の一過程です。とはいえ、いけないことには変わりありませんから、爪を短く丸く切るとともに、子どもが不適切な行動をとった場合は、すぐにその場で注意をすることを根気よく繰り返すことが大切です。
事前に排便の意思を伝えられるようになったら、おむつをトレーニング・パンツ型に替えてもよいでしょう。

同上

スプーンやコップを使い、ほとんどひとりで食事ができるようになります。

この頃から、食事、睡眠、排便、着脱衣、清潔、といった生活習慣の形成期に入ります。成長に見合ったタイミングで教えることに加え、決まった型を作り例外を設けないために、家庭と保育園の連携は大切です。

2歳

転ばないで走りますが、衝動的な動作が非常に多くなります。
ひとりで服を着ようとします。
構成遊び(積木、粘土、簡単な工作等)、ごっこ遊びができるようになります。

自分で着脱しやすいよう、前開きの上衣を用意しましょう。
袖なしのエプロンでも上手に食べられるようになります。
バランスのとれた食事と適度な運動の習慣づけが、肥満と生活習慣病を防ぐために最重要です。

第一次反抗期(~4歳)

2歳半

3歳までに昼間のおむつを卒業します。

子供用の便器がある清潔な保育環境であれば申し分ありません。家庭では子供用補助便座が手軽かと思います。

3歳

3~4人の友達と遊ぶことを積極的に求めるようになります。
色や数、形、上下や前後の関係がわかるようになります。

集団のなかに置いて社会性の訓練を行うことが大切です。周囲の大人の口真似も多くなりますから、ご注意。
シャツ、トレーナーの前後を間違えずに着れるようになります。

                      

特定非営利活動法人 

    

バード